Just another WordPress site

堂々と着ることができる

喪服にも堂々と着ることのできる幼稚園の制服

幼稚園に通うようになると初めて制服に袖を通すようになります。これまでママが選んだおしゃれな洋服を着ていたときとは違った、どこか誇らしげで成長した姿に胸がいっぱいになるものです。みんなが同じ服装をする制服と言うものは可愛いだけではなく実にさまざまな意味があります。

この服装は公式なものであるため、どんな場へも着用して出席することができるのです。これまで公の行事などに参加するときには私服で少しおしゃれなものをそろえなければならなかったけれど、幼稚園に通うようになって制服があれば、どんなシーンに出席する際に着用しても失礼に当たることはありません。

例えば親類の葬儀に出席するとなれば、これまでは少しダークな色合いの私服を着せたりする必要がありましたが、幼稚園の指定の服であれば、そのまま喪服として着用して出席することももちろん可能です。その家の事情によるところも大きいのですが、子供であっても葬儀に参列するのだとすればあまりきらびやかな服装などはさせるべきではないと言うのが一般常識です。

その点幼稚園に限らず中学生や高校生などが参列する際にも制服は学生の公用着として堂々と着用することの許された服装です。小さな子供に喪服を用意することはまれですが、あまりにも目立つような派手な服装はいくら子供であっても非常識な印象を受けます。

けれども幼稚園の決められた服はこんなときでもとてもきちんとした印象を受け、誰に対しても礼を欠く心配がありません。もちろんできれば靴下や靴も、普段履いているようなカラフルなデザインのものを避け、きちんとした靴や白のソックスを着用すると、より丁寧できちんとした印象を受けます。子供にそこまで求めないと言う家庭もあるかと思いますが、服装に限って言えば制服を着用することがベストだと言えます。

幼稚園に入園することになると、さまざまなものを買い揃えるようになります。指定の服だけでなく通園バッグや帽子、上履きなど色々なアイテムをそろえ、それなりに費用もかかるので親の負担は大きいのですが、制服に関していうならどんなシーンにも着用を許される唯一の服装でもあり、わが子がそうしたパブリックな意味合いを持つ服装に袖を通す年代にまで成長したと言うことの証です。
初めての制服姿は親にとっては何物にも変えがたい愛しい姿ですが、見た目のかわいらしさだけでなく、この服というのはそうした特別な意味を持つ特別な服装であるということが言えるのです。