Just another WordPress site

お下がりをもらったら

幼稚園の制服のお下がりをもらった時のお礼


幼稚園に入園する時には、制服や体操服などは、その幼稚園で指定されたものを購入するのが一般的です。
もちろんその幼稚園によっても設定金額は変わってくるようになりますが、全て購入するとなると数万円が必要になってしまいます。

幼稚園に入園する際には、制服代だけではなく、入園金なども必要になりますので、制服と合わせれば、10万円近くの出費になる事でしょう。
それほどの出費となると、出来る所は節約して、費用を安くしておくようにしたいものです。
幼稚園に入園する時に節約できる部分としては、制服があります。

制服であれば、卒園児からお下がりをもらえることがありますので、声をかけてみる事です。
声をかける時期としては、出来るだけ早めに声をかけるようにしておくといいでしょう。
早めに声をかけておかなければ、他の人にあげることもあるでしょうし、処分をされてしまうかもしれません。
お下がりをもらいたいのであれば、少しでも早く声をかけておかなくてはならないのです。
誰かからお下がりをもらうことが出来たのであれば、子供のサイズに合うようにサイズを直して着せてあげるといいでしょう。

お下がりをもらったのであれば、お礼をしなくてはなりません。
こちらから声をかけてもらった場合には、必ずしておく方がいいでしょう。
あげたほうからしてみると、もう使わないものだからもらってくれただけでもいいと思っているかもしれません。
しかしいくらお礼はいらないと思われていたとしても、きちんとしておく方が、今後の付き合いもうまくいくようになるでしょう。

お礼を渡す際には、どの位の金額で、どんなものを渡すのがいいでしょうか。
金額でいえば、1000円から2000円程度で考えてみてもいいでしょう。
あまりにも高いものでお礼をしてしまうと、相手に恐縮されてしまってもいけません。
そこまで気を使ってもらっては、あげない方が良かったのかもと思われてしまってもいけませんので、1000円から2000円程度にしておく方がいいのです。

どんなものを渡すと喜んでもらえるかというと、商品券や図書券などもいいでしょう。
お菓子の詰め合わせなどを渡しても喜んでもらえるはずです。
文房具などはいくらあっても困るものでもありませんので、文房具などでも良さそうです。

きちんとお礼をしておくことによって、また何かお下がりが欲しい時にお願いしてみると、快く譲ってもらえるかもしれませんので忘れずにしておくことです。