Just another WordPress site

耐久性の高さやデザイン性

耐久性の高さやデザイン性が求められる幼稚園の制服


わが子が幼稚園に入園し、少し大きめの制服に手を通した姿は、親にとってはこの上ない喜びと感動を与えてくれるものです。成長するにつれ、制服とのかかわりが増えてゆくのですが、初めて私服以外の服を着たわが子の姿になんだか胸が熱くなる・・・親としての喜びの瞬間ですね。

制服姿のかわいらしさがことさらに引き立つように感じられるのは、その服を着たときの子供たちのどこか誇らしげな表情もにも大きな影響を受けます。おしゃれで可愛い子供服をママの好みで着せていたときとは違う、なんだかちょっと背伸びしているように見える初々しい表情、それこそが制服姿のわが子がたまらなく愛しく思えてしまう最大の理由です。

いまや学校を選ぶときに制服の可愛さと言うのはとても重要なポイントになると言われています。それは幼稚園だけでなく、中学校や高校を選ぶときの大切な条件の一つなのだそうです。毎日数年間に渡って手を通すことになるのですから、そうしたこだわりが生まれるのも納得できます。そのため、特に私立の幼稚園や学校ではデザインにはかなり気を使っているとも言われています。

さらに幼稚園となればデザイン性だけでなく耐久性の高さやメンテナンスのしやすさなども必要とされます。遊び盛りの活発な運動量の幼稚園児たちが、おもいっきり遊んでも破れたりしないような耐久性の高さを持ったものであることはとても重要です。いつもお人形のようにおとなしくしているのではなく常に駆け回り、時にやんちゃが過ぎてしまうほどにパワーのあふれた年代の子供たちを包む服は、丈夫で耐久性が高いことは最も欠かせない条件だとも言えます。

さらに家庭でのメンテナンスがしやすいことも大切です。極上の素材を使った高級なもので、いつもいつも子供が汚してくることに腹を立てなければならないようでは意味がありません。子どもが汚すことを怖がるような服が普段身を包む服だとしたら、子供たちも縮こまってしまいますし、ママの方もぴりぴりしてしまいます。

そう考えると幼稚園児のための制服の大切なポイントは、やはり多少の事では破けたりしない丈夫で耐久性が高い素材を使っていること、そして家庭でのメンテナンスのしやすい素材であることがとても大切になります。そしてそうした素材の条件をクリアした上で、この時期の子供のかわいらしさを最大限に引き出せるデザインであることも求められる。それが幼稚園の制服作りに大切な条件だと言えます。